ピルロとグジョンセンが本命だが、トマソン&デンマーク代表も激しく(?)応援。  プレミア&セリエA&ブンデスのチェル好きー+ミラニスタの感想日記。 クローゼにもどっぷり漬かってます。(何やねん)


by arne-meilleur

ノックアウトラウンド ドイツ-スウェーデン ミロ応援団爆発中

ベスト8進出おめでとう!!・・めでたいというのに今日になってまた、電車の中で昏倒→
救急車行きというのをやってしまった・・。器質性なら薬で治療できるけど、脳波に
異常は無いので対処法が無い。やだなあ。パニック昏倒を無くす鍵は、やはし
優勝・・(話題転嫁過ぎ)じゃなくて、とにかく嬉しい。

Deutchland 2-0 Sweden

●ドイツ側雑感(一方的)

 フリングス。とにかく、フリングス。何がフリングスなのかって、守備において(攻撃もだけど)
ほんまに大貢献。前半から相手のパスをカットして両サイド&バラックに任せるボール回しは
いわずもがな。
 後半になってドイツの集中力が一瞬切れ、ラームやシュナイダー(だったか
不安)などが、すごく簡単なパスミスを連発しだしてほんまに焦った。二点先制してるとはいえ、
ああいうミスはあかん。もし南米勢が相手ならすぐにボールを奪われて突破・・・なんて
未来への不安があった。
 それでも味方のミスを積極的にカバーしていたのはフリングスだったわけで。
ほんまに欠かせないお人やな。

 一点目のポドルスキの押し込みゴルや、特に二点目のミロとの連携ゴルは、ほんまに
嬉しい。ポドルスキは今までいまいち決定機をハズしちゃったりして残念だったけれど、
ミロの粘りがいい連携を生んでいる。この試合でのミロのゴルは無かったけれど、それ以上
の前線での粘りが素晴らしい。
 ドイツの理想の形はラームのオーバーラップからシュバインシュタイガーとの連携から
左でクロス、または右のフリードリッヒとシュナイダーの突破からクロス、そしてミロが
押し込むというところだけれど、バラックの中央突破からボールを受けたミロの動き
というのも楽しみになったなあ。ミロのゴルも嬉しいけど、ポストプレーを見られるのも
楽しい!

ルチッチがイエロー二枚で退場になったが、二枚目のイエロー判定は少し変だなと
個人的に思った。その時、ミロとルチッチは競り合っていて、ルチッチはミロを引っ張ったが
カードに値するほどかな・・と思ったんよね。
a0063185_2051152.jpg
これを見ると
痛そうだけど・・
(これは二枚目の
時じゃないかも)


その後で、スウェーデンにPKが与えられたけれど、あのときメッツェルダーのファウル
を見たようだけど、リプレイでは悪質なファウルには見えなかったけどなあ・・・
ドイツを贔屓目で見すぎていたら私もあかんのですが、あれはなんだか、退場者の
判定が微妙だったためにお返ししたみたいに見えたなあ。
はずしてしまったラーションは見ていて辛い姿やったけれど・・・
後半でラームがパスミスしたところを拾い、攻撃に持っていくスウェーデンの姿を見て、
まだ明らかにあきらめていないラーションやリュングベリ、ズラタンを見て、このまま
失点するのではと思った・・ 先制した後の後半の集中力が今回の課題かも。
フリングスはしっかりフォローしていたが、次のアルヘンではフリングス頼りになり過ぎるのは
危険やもん・・。
a0063185_211773.jpg
また前宙返り
を見たいねん!
[PR]
by arne-meilleur | 2006-06-26 21:03 | W杯&親善&Euro