ピルロとグジョンセンが本命だが、トマソン&デンマーク代表も激しく(?)応援。  プレミア&セリエA&ブンデスのチェル好きー+ミラニスタの感想日記。 クローゼにもどっぷり漬かってます。(何やねん)


by arne-meilleur

トラパットーニ、ドイツ-アッズーリ戦についてコメント

●ZDFニュース、トラパット-二にインタビュー。

ZDF 「ドイツとイタリアの対戦はあなたの二つの心(?)に衝撃を与えましたか?」

トラップ 「その質問は私にとって少し難しいね。私はドイツで監督をしていたし、
アッズーリも監督したからね。しかしこれだけは私は言わなくてはならないだろう、
私の心は"Squadra Azzurra"に打たれている事を。
私はドイツ代表のチームに対して大きな尊敬を抱いているし、彼らの過去の功績にもだよ。
これは難しいがバランスのある試合になるだろうね。」

ZDF 「特別な事はなんですか?ドイツとイタリアがもし別の国と戦うのならば」

トラップ 「フットボールの歴史は二つのチームを強く刻印しているからね、同じようにイングランドもね。フランスと他の国はその少し後に加えられたからね。
ドイツとイタリアの間にはいつも大きなライバル心がフットボールの中ではあるし、
イタリアはいつも少し彼らよりも運があった。イタリアは(ドイツより)多く勝っているからね。
(イタリアはドイツに対して2勝2分けと、一度も負けてないのだ・・・トラップはその事を指しているんでしょうな。)
しかし二つのチームは互いに大きなプライドを持っているだろう」

(中略)

ZDF 「どちらのチームが決勝に進むと思いますか?」

トラップ 「ドイツには大きな熱情があるし、もちろん彼らにはホームゲームというアドバンテージがあるよね。イタリアには素晴らしい選手がある。
私は両チームのチャンスともに、50:50だと思うよ」
(ZDFsport)


トラ爺久しぶり!今までどこにいててんでっか?(苦笑い)
楽しみだけど、びくびく。
ピルロ・・クローゼ・・うー、嗚呼。
Aus tiefstem Herzen, das liegt mir sehr am Herzen.........
(心の底から、それが私にはとても気がかりやねん・・・・)
[PR]
by arne-meilleur | 2006-07-04 23:07 | W杯&親善&Euro