ピルロとグジョンセンが本命だが、トマソン&デンマーク代表も激しく(?)応援。  プレミア&セリエA&ブンデスのチェル好きー+ミラニスタの感想日記。 クローゼにもどっぷり漬かってます。(何やねん)


by arne-meilleur

カテゴリ:W杯&親善&Euro( 46 )

ドイツ代表@ホテル

a0063185_2156527.jpg
ラーム君と
フリードリッヒ、
卓球中。


a0063185_21584324.jpg
どっちが
勝ったのかな?
[PR]
by arne-meilleur | 2006-06-16 21:59 | W杯&親善&Euro
ちゃんとイングランド戦や日本戦も観たのだけれど、なかなか感想を
書く時間がない・・ アッズーリ戦はまだ観れていないのに結果だけ知っている・・
体調管理にもしくじっている・・嗚呼。生活面ではイマイチアカンこの頃です。
この試合の前に、スペイン-ウクライナも見ていたのだけれど、途中で不貞寝
してもうた・・(ごめん、シェバ。というより、残念、シェバ・・)

言い訳じみてきましたが、目下一番応援しているドイチュラント戦です。
感想が一方的にドイツに偏るのは悪しからず・・

Deutchland 1-0 Poland

●ドイツ攻撃面感想

立ち上がりからプレスをかけていくのは前回と同様だが、ポーランド側も
厳しいプレスをしかけ、なかなかバラックがミドルを打つようなスペースは
お互い無かった。
左サイドもなかなか開かないが、ラームの上がりとシュバインスタイガー
の二人でパス交換しつつ、打開というやり方も前回同様。
しかし、クロスをあげてもポーランドがカットしてしまう。
また、右では最初、守備に回りがちだったフリードリッヒが徐々に上がれる
ようになり、シュナイダーがクロスを試みるも、やっぱりカットされてしまう。
本当に面白い試合だった。ポーランドは特に、グループリーグ自力突破
がかかっているので必死。プレスに関しても、スペースをほとんど作らせないし、
期待のバラックはどちらかというと守備に貢献していた気がする。
ミドルを打たせてもらえなかったからなあ。打っても、DF直撃でしたね。

今回もフリングスが光っていて、攻守の切り替え、スペースを潰す
動きや、起点となるパスをよく出してくれた。

決定機をはずしたポドルスキーのプレイは痛い。シュバインシュタイガーも
ミドルを狙ったけれど、宇宙開発気味。残念。
ミドルシュートに関しては、どうも皆焦って浮かしちゃう傾向があるような・・・
落ち着け~。

気になるクローゼは、決定機のヘッドが右にそれちゃったり、ポスト直撃
だったりと決めきれなかったけれど、DFと競り合って粘る動きは相変わらず
いい。ハーフウェーラインまで下がってボールを貰いに来たり、よく走った。
連続ゴルならず。嗚呼。でも次に期待できる。

ロスタイムにゴル。最高やねえ。ポーランドは疲れているのか、
チェックが甘くなっていて、ラームが空いた左を使い、最後になって
やっと落ち着いたボール回しが出来ていた。
最後、オドンコルのクロスに合わせたノイビルは、よくあのボールを合わせてくれたなあ。
その直前に、クロスからミロのヘッド→ポスト直撃、そしてバラックが再度シュートを放つもまたポストという決定機を逃したばかりだっただけに、嬉しい。
ポーランドとしては、ショックな負け方になるんだろうなあ・・。GKは特に、ことごとくドイツの決定機をナイスセーブで防いでいたしなあ。
しかし、ほんまに面白い試合やった。

●ドイツ守備面感想

前回問題だった最終ラインの意思疎通は、今回は問題なし。
ラームが上がっていて、その空いたサイドをポーランドに使われるパターンが
何度かあったが、いずれのシュートもレーマンがよく止めてくれたり、
メッツェルダーが身体を寄せてクロスを上げさせないようにするなど
集中力を90分通して欠かなかったと思う。
中盤でフリングスが未然に防いだり、フリードリッヒがラインとズレた動き
を無くしたのが良かったのかな。
ただ、数は少ないけれど明らかなパスミスがまだ残っていて、それを使われ
無かったのはラッキー。今回は責めるよりも、ようやったと言うべきなんだろうか。
中央突破対策に関してはまだ、ちと不安に見えます・・。
ただ、メッツェルダーは寄せ方が上手くなった。(しつこい?)

もう少し頭を冷やしてからまた書こう・・
[PR]
by arne-meilleur | 2006-06-15 06:41 | W杯&親善&Euro
ミロ、誕生日オメデトウ!!

Deutchland 4-2 Costa rica

個人的感想は一方的にドイチュラントだけです、悪しからず・・。

●ドイツ攻撃面感想

 立ち上がりから、コスタリカはかなり引きこもり気味だったにもかかわらず、
ボール回しが上手くいっていたなあ。コスタリカ側が、中盤でもプレッシャー
をあまりかけてこない分、上手く回せたのだろうか。
 個人的には右サイドのフリードリッヒの活躍を期待していたけれど、今日は
ラーム君の日だった(何)。なぜかいつも、左サイドに穴が開いているので、
その分ラーム君がいいオーバーラップをして、上がって来たシュバインシュタイガー
と二人で抜け出しを図ったり、左サイド大活用のドイツ。というか、この二人が
左サイド大蹂躙(おおげさ?)
 
 そのおかげなのか、一点目のラーム君のゴルも、やはり左サイドが開いていた。
さらにミロがDFを引き付けてくれたおかげもあり(贔屓目?)、きれいなミドルになったね~。
 左サイドだけではなく、右のフリードリッヒもシュナイダーとパス交換しつつ、いい
オーバーラップをしていた。クロスを挙げられなかったのは残念。シュートも2本打ったけれど、
二つとも完全に枠外。少し焦っちゃったんだろうか。
 
 そして、ミロ。一点目の時のようにDFを引き付けて粘りつつ、自陣まで下がったり
運動量あった気がする。ドイツの二点目を決めたゴルも、”らしい”、いいポジショニング
だった。ミロを褒めまくるのは、ファンの戯言(?)ということで堪忍してくださいね。

●ドイツ守備面感想

 相手が個人技に頼る(?)コスタリカで良かった、と正直に思ってしまう。
なぜなら、相変わらず最終ラインがやや不安定。微妙なオフサイド判定は抜きにして、
オフサイドを狙いにいくのか、クリアなのか中途半端な動きがあった。
ただ、親善試合対アッズーリ戦のときに見せた危うさとは、少し違う性質の物だと
個人的に思った。
 アッズーリ戦の時は、ボールを受けたCB(というか、フート・・)が落ち着きない印象が
強かったのに対し、今回はメッツェルダーとメルテザッカーの二人がよく噛み合っていて、
オフサイドを狙うのかどうかの意思疎通ちゃんと伝わっていた。
 
 残念なのが失点した場面が、どれもディフェンスの裏をかかれたという事。
どちらの場面も、明らかにメッツェルダーとメルテザッカーの二人はオフサイドを
狙っているのが見えていたのに対し、あまりラインに気を配れない立場のフリードリッヒが
飛びぬけてしまっていた。うーん、残念。ここの意思疎通が課題なのかなあ。

 最終ラインは課題を残したけれど、中盤の攻守切り替えはとても良かった。
コスタリカがボールを持つと直ぐにドイツは、2、3人でプレスをかけにいって奪うので
コスタリカはどうしても速攻させてもらえず、結果、FWへの放り込みが目立った。
ロングボールが雑になると、それをフリードリッヒやラームが拾い、中盤では
フリングスが積極的に相手のパスコースを潰してくれる。目立たないけど、
フリングスが一番いい仕事をしてたんやないかと、私は思う。

●個人的Man Of the Match
 本当は左サイド蹂躙してくれたラーム君と言いたいんだけど、フリングス。
プレスや攻守の見極めの早さがほんまに良かったから。
●個人的がんばってくれよう選手・・
 ごめんなさい、ヘルタのカピテンです。でも問題なのは最終ラインと噛み合いにくい
(基本的に、攻撃に回るタイプなので責められないんだけど・・)事だけやから。
攻撃面でのオーバーラップは良かったねん!

●その他
 実況(?)でヒルデブラントが故障、なんて不穏な単語を耳に拾ったのだけど、
大丈夫なんかなあ。一瞬ちろっとだけ、ベンチにいるところは映ったので少し
ほっとしたわあ。
 実況ではひたすら”バラックいないとドイツ不安?”というような発言を何回か
耳にしたが、そんな事はないと思う。攻撃面では少なくとも。
 今回は非常にプレッシャーの無い状況下だったので、次はどうなる事やらですが・・。
 個人的には、Timoが居てくれたら違ったんじゃないか、と贔屓目に見てしまいますな。

●追記
Timoは背中を痛めてたんやね・・。ベンチでちろっと姿を見れて良かった。
金髪サラサラの容姿のためか、えらい目立ってた気がする(笑)
[PR]
by arne-meilleur | 2006-06-10 03:48 | W杯&親善&Euro

アッズーリ到着!

a0063185_15425023.jpg
携帯をいじる
ピッポ。

アッズーリでも
大確変
大爆発
お願いします
[PR]
by arne-meilleur | 2006-06-08 15:44 | W杯&親善&Euro

ドイツ代表練習中

勉強がドイツ一色なのでフットボールでも、ドイチュラントを貼ってみたり。

a0063185_3224563.jpg
さわやか、ヘルタのカピテン。
広報ではあまりお目にかかれない気がするので、嬉しいなあ。
クリンスマンはんも一緒におりましたね。
@プレス


a0063185_3263735.jpg
その中のおトイレ。(いきなりすんません)
ご、ごーるって趣旨でっか・・こんなとろこにまでデザイン凝らすところがおもろい・・。


a0063185_3303574.jpg
練習中。ばらばら?


a0063185_3321769.jpg
走るミロ(右側)。


a0063185_3343171.jpg
何やら相談中。
クリンスマンはんの体勢が、なんだかかわいい。


a0063185_3361937.jpg
干物たち。(違います)
[PR]
by arne-meilleur | 2006-06-07 03:36 | W杯&親善&Euro

兄貴復活


●パラグアイ 1-1 デンマーク@親善試合(Reuters)

ヘルヴェグ兄貴の復活試合だったのですが、失点のきっかけを作ってしまった
のも兄貴だったようです・・・嗚呼。
ただし、一点返したのは、最近心配心配と勝手にやきもきしておった、トマぴょん
その人だったという、嬉しいところもあり。ちょっぴり複雑やなあ。
ゴルの勢いで元気になれるといいが、ドローかあ。(何)
[PR]
by arne-meilleur | 2006-05-28 18:02 | W杯&親善&Euro

ドイツ漬け?

日にちはそれぞれ異なるんですが、ドイチュラント代表キャンプの写真などから、
気になるものを勝手に貼ってみる。
a0063185_121213.jpg

ミロはスイスの時計会社インターンシップ(違う)に
行ったのだろうか・・


a0063185_122355.jpg
GK三人の珍しいアップ写真・・。
Timoが映っているだけで嬉しいのだ。
[PR]
by arne-meilleur | 2006-05-26 01:24 | W杯&親善&Euro

スイス代表・・

個人的に、今回はメインディッシュ(?)がいないので(オランダは別)、国単位で応援したい
というよりも個々の選手や戦術を観察したいW杯。

じゃあ、どこの国に一番注目してるの?っていう話題をエゲレス人ブローカー軍団(何やねん)
としていたんですが、国単位で見ると私は”スイス”なんよね。
スイスはウィンタースポーツが盛んでスイス人(でもフランス語母語のひと)に
フットボール言うても、フォーゲルやマニンすら知らん人までいてちょっとがっくし。
けれど、個の力のトルコをガチガチの組織力で攻めたのが忘れられんのです・・
個人的に、組織や連携重視のフットボールが好きってのもあるんですが。

●スイス代表の23人(Eurosport)

GK : 1-Pascal Zuberbuehler (FC Basel),
21-FabioColtorti (Grasshoppers Zurich),
12-Diego Benaglio (CD Nacional)

DF : 2- Johan Djourou (Arsenal), 3-Ludovic Magnin (VfBStuttgart),
4-Philippe Senderos (Arsenal), 13-Stephane Grichting(Auxerre),
17-Christoph Spycher (Eintracht Frankfurt), 19-Valon Behrami (Lazio)
, 20-Patrick Mueller (Olympique Lyon), 23-Philipp Degen (Borussia Dortmund)

MF : 5-Xavier Margairaz (FC Zurich), 6-Johann Vogel(AC Milan),
7-Ricardo Cabanas (Köln), 8-Raphael Wicky(Hamburg SV),
10-Daniel Gygax (Lille), 14-David Degen (FCBasel),
15-Blerim Dzemaili (FC Zurich), 16-Tranquillo Barnetta(Bayer Leverkusen),

FW : 9-Alex Frei (Rennnes), 11-Marco Streller(Köln),
18-Mauro Lustrinelli (Sparta Prague), 22-Johan Vonlanthen (NAC Breda)


Eurosportはご丁寧に背番号まで書いてくれとる。
一番気になるのはフォーゲルだけど、ミランでは控えなんよね・・。
スーパースターとは言い難い(ごめん)メンバーばかりですが、スイスは個じゃなくて組織力。
そこが個人的には魅力。

じゃあどこの国に優勝してもらいたいの?って聞かれると・・エライ困ります。(母国は!?)
選手個別に目が行ってしまうから。
アッズーリのピルロ、イングランドのランちゃん・テリーはん・ジョー・SWP(エゲレスは挙げたらキリがない)、ドイチュラントのヘルタのカピテンとミロ、
ほんまキリがない。むしろ、怪我が怖い。(こら)

大体、ヘルヴェグ兄貴がワールドカップ掲げるの観たかったんやもん・・。夢です。
[PR]
by arne-meilleur | 2006-05-16 01:52 | W杯&親善&Euro

ドイツ代表・・

色々話題遅れ気味ですんません。
覚書として一つ。というかミランに触れずにW杯に話題が飛んでるのも痛いですが、
そっちは落ち着いてから(?)書こう・・
日本代表選出の話題よりもドイツを選んでる辺りもあかんなあ。 

●ドイチュラントの23人(ZDFsport)

GK: Jens Lehmann (FC Arsenal),
Oliver Kahn (Bayern München),
Timo Hildebrand (VfB Stuttgart)

DF : Arne Friedrich (Hertha BSC Berlin),
Per Mertesacker (Hannover 96), Robert Huth (Chelsea),
Christoph Metzelder (Borussia Dortmund),
Jens Nowotny (Bayer Leverkusen),
Philipp Lahm (Bayern München),
Marcell Jansen (Borussia Mönchengladbach)

MF : Bastian Schweinsteiger (Bayern München),
Bernd Schneider (Bayer Leverkusen),
Torsten Frings (Werder Bremen),
Thomas Hitzlsperger (VfB Stuttgart),
Sebastian Kehl (Borussia Dortmund),
Tim Borowski (Werder Bremen),
Michael Ballack (Bayern München),
David Odonkor (Borussia Dortmund)

FW : Miroslav Klose (Werder Bremen),
Lukas Podolski (1. FC Köln), Mike Hanke (VfL Wolfsburg) ,
Gerald Asamoah (Schalke 04), Oliver Neuville (Borussia Mönchengladbach)

サブ: Robert Enke (Hannover 96), Manuel Friedrich (FSV Mainz 05), Patrick Owomoyela (Werder Bremen), Fabian Ernst (Schalke 04),
Paul Freier (Bayer Leverkusen), Kevin Kuranyi (Schalke 04)


個人的に応援したい選手を強調してみたり。やっぱり、ダイスラーがいない事がほんまに残念。
ワールドカップでは、ヘルタのカピテンとの右サイド蹂躙(?)を楽しみにしてたので・・

あとは、残念なのがヒンケル。安定感に欠けているところとか、重要なところの
パスミスが多いとか、Vfb的にも痛いのですが・・・嗚呼。
マヌエルも正式メンバーではないところが残念。クラニィも正式メンバーにおらん・・!ショック。

残念ばっかりやなあ(苦笑) 
左サイドのラームは対アッズーリ戦の時に左の起点として動いていたのが
期待できる要素やね。ボロ負けだった試合ですが・・ 
守備としては、サイドよりもゴリ押し中央突破に、フートがパニクらないよう祈ります(おい)。
あと、フリングスが高い位置でプレスかけに行って(対アッズーリ戦でもやってたけど)、
バラックに渡してミドルとか、観たいものは沢山。
またミロの大爆発も祈願。

a0063185_0423243.jpg
頼んます、クリンスマンはん。


観てる方は気が楽だから言える事・・(本命のデンマークとアイルランドがいないので・・嗚呼)
[PR]
by arne-meilleur | 2006-05-16 00:32 | W杯&親善&Euro

Deutschland 4-1 USA(最初、スペルミスしてましたね・・すんません)

●フリードリッヒ寄りの感想(ドイチュラント)

前半はどんな惨劇になってしまうのかと冷や冷やした。ごめん。
アメリカは人数かけてボールに行くんだけど、人に当たりに行かないね。
ボールを奪ったら素早いカウンターでドイツを攻めようとするんだけれど、
精度もいまいち。ただ、ここでアメリカを疲れさせたおかげで、ドイツはあとから
かなりボール回しが出来るようになったんだけど。
ヘルタのカピテンなのか憶えてないのだけど、サイドチェンジを図って
左のラーンに渡そうとしたパスはあかんかったな・・
ラーンが走らないから悪いのか、ヘルタのカピテン(?)の精度があかんのか・・
しかし、右からクロスを上げようとしても、前半はアメリカにクリアされて
ミロにはつなげない。

攻撃面でのフリードリッヒのハイライトは、シュバンシュタイガーが先制点を決めてから、
55分に枠外シュートを放つ。残念。しかし、相変わらず右から攻め続け、
73分にはロングボールを送ってクローゼが合わせ、ノイヴィル
がボレーでゴル。こ、こういうのを待ってたよ・・!
その2分後には、ミロが代表で久々のゴル!それも一対一を決めてくれる。
代表で一対一決めたのって珍しい・・もしや初めてか?
そして、バラックのゴルではやはりフリードリッヒが右から走って、
クローゼに渡し、4点目が生まれた。
やっぱり好きだ、ヘルタのカピテン・・(やめれ)

勝ってよかった。個人技で乗り切った面も大きいけれど。
これで、クリンスマンはしばらくメディアからいじめられずに済むね。
なんだか本命のチェルシーより、まともな感想が書けた気がして微妙な心境・・嗚呼。
[PR]
by arne-meilleur | 2006-03-24 01:06 | W杯&親善&Euro